読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『古事記のひみつ』

文学(古代)
古事記のひみつ―歴史書の成立 (歴史文化ライブラリー)

古事記のひみつ―歴史書の成立 (歴史文化ライブラリー)

 

古事記というと、天武天皇の勅命によって太安万侶稗田阿礼の語りを編纂したことにより成立したもの、とひろく知られています。

本書は、その定説に一石を投じるかなりスリリングな内容になっています。

 

プロローグにて、著者は、古事記における倭建命と、日本書紀における日本武尊の扱われ方が百八十度ちがうことから、古事記の視点は過去に向いていて、日本書紀の視点は未来に向いているという西郷信綱の見方を支持します。

古事記の倭建命は父景行天皇に疎まれていて、半ば放逐の形で西征東征に赴きますが、日本書紀日本武尊は次期天皇と期待された愛息子として、父の手足になってまつろわぬ者を平らげにいきます)

日本書紀は、日本国の正史としての役割を持ち、天武持統王朝がめざした律令国家にはなくてはならない事業として編纂されています。一方古事記の編纂は、勅撰にもかかわらずその正史のどこにも記載されていないというおかしなことになっています)

(↑これら2点は、著者でなくても、誰しもが認めるところです)

 

この着眼点から出発し、著者はまず、日本書紀の性格、成立から、詳細に検討していきます。

その結果、日本書紀が、律令国家の国家事業として「日本書」の構想のもとに作られようとしたものであることを導きます。

このような「公」としての性格が強い日本書紀に対し、「では古事記はどうか」という問題を立ち上げ、古事記本文の性格について検討していきます。

 

そして、古事記をよく読んでいくと、「序」と本文のあいだには、その印象や性格に大きな隔たりがあるのではないかと、読者に提起します。

このあたりが、本書のキモであり、もっとも読み応えのある部分でした。

 

結論からいうと、「序」は9世紀に成立した「偽書」であるものの、本文そのものは、その内容や系譜の古層性や万葉仮名の遣いかたにより、日本書紀よりも古く7世紀半ばには成立していたであろう、ということです。

 

最近、古事記日本書紀を繰り返し読んでいるわたしとしては、非常に納得のいく説です。

とくにヤマトタケルについては、どうして両者でこうも扱いがちがうのか、疑問におもっていました。本書を読んで氷解した次第です。

 

古事記という、21世紀の現代では、もうすでに研究し尽くされているとおもっていた書物が、著者の手でまったく新しい顔を見せてくれたといっても過言ではありません。

著者は、上古には、古事記日本書紀に載っていない伝承や系譜がいくつも存在したと述べています。

現代からでは、古代の様子をうかがう材料がそれ以外にはほとんどない状況ですが、「あまたの伝承・系譜」の存在を意識しながら、古代を想像するのもまた一興かな、とおもいました。